2007年03月04日

CPU 7

> 止まっているのは
> test ds:[bp+30],01
> 一般的な命令。なぜ?
間違い。止まっているのは別の場所。

Debug Utilityの表示更新は表示1周期につき1回。
TSPのVSYNC期間終了のタイミング。
これは、24KHz表示だとVSYNC割り込みから約4000クロック
後のタイミングで、
VSYNC割り込み処理が長くて、いつも実行内容が同じだと、
Debug Utilityの表示更新タイミングのときに実行している
アドレスが、いつも同じ場所(VSYNC割り込み処理中)になる、
ということだと思われる。

Debug Utilityの表示更新をVSYNC割り込み直前に変更。


止まっていたのはtest1 ea16,cl のところ。実装。
ついでもtest1 ea8,clも実装。

test1実行後のACフラグは0になると本に書いてあるので
信じて、実装済みのtest1 ea8/ea16,imm も含めて修正。

後で他の本みたらUndefinedだったけれど・・・
まあいいか。


メニューも無事動作した。

menu2.PNG


posted by Shinra at 22:01| Comment(1) | TrackBack(0) | EMU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素早く対応していただきまして
ありがとうございました。

VA−EGの画面上で、メニューが
動いているのには、ちょっとした感動を
覚えています。

釜房一号でした。
Posted by 釜房一号 at 2007年03月06日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。