2006年05月20日

マルチプレーンモード / ソーサリアン 3

マルチプレーンモードの表示の実装に取り掛かってみる。

グラフィック画面制御パラメータ(ポート200h〜27fh、表示開始アドレスの設定など)は、シングルプレーンモード1bit/pixelと同じだろうと思っていたら、違った。
# このあたりのことはテクマニに書いてない・・・

シングルプレーンモード4bit/pixelの場合と同じ。フレームバッファ幅640ドットの場合はFBW(フレームバッファの幅をバイトで指定)=320となり、DSA(表示開始アドレス)を4変化させれば水平方向に8ドットスクロールする。
CPUからVRAMをみた場合には、フレームバッファ幅は640/8=80バイト、アドレスが4変化すれば4*8=32ドットずれることになるのだが。

どうも、表示回路からVRAMを見るときは、4bit/pixelマルチプレーンモードであっても、シングルプレーンモードに見えているっぽい。

# ただ、ドットアドレス(ポート208h)だけはシングルプレーンのときと指定方法が若干違う。

ということで、ソーサリアンのタイトルは表示できた。

sorcerian1.PNG


ゲーム画面はまだこんな感じ。

sorcerian2.PNG


よく見ると、画面が左に寄ってて変なのかな??
posted by Shinra at 23:35| Comment(0) | TrackBack(1) | EMU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フレームバッファ
Excerpt: フレームバッファVRAM (ブイラム, Video RAM)は、コンピュータなどにおける、ディスプレイに対するビデオ表示部分のメモリ(記憶装置)として使われるRandom Access Memory|..
Weblog: CGの基礎知識
Tracked: 2006-06-02 12:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。